スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

忙がば回れ。 死んで経験値減らすなら安全地帯にいたほうが良い。

2008年09月11日
 昨日に引き続き、ギルクエ専用キャラ、のぼーんを育てていた。

 のぼーん育成中

 友人に聞き、Lv20にはこの狩り場が効率がなかなか良いという話だったからやってきた。





 なるほど、経験値がまったく貯まってなかったのぼーんですら30分足らずでLvUPをしてしまった。

 LVUP

 ところでこのSSを見て『Lv21にもなって武器がかわってないじゃないか。前回言ってたお前の育成法はどうしたんだ。』と、勘の鋭い方なら思うだろう。


 実はな。ちょっと言いにくいがちょっと計算の食い違いがあった。



 メイポのことをあまり知らない読者のために(読者がいるかはともかく)、説明しておこう。

 魔法使いは攻撃力のアップに『INT』というステータスを上げる必要がある。

 メイポでは、Lvが上がる度に、APというポイントが5もらえ、それをSTR(物理的な力)、DEX(敵の動きを判断する力(命中率))、INT(知性(魔力))、LUK(運)、HP、MPに好きなように振り分けることができる。

 魔法使いは、INTで攻撃力を上げ、装備をするためにLUKを上げる必要がある。

 INTだけ上げて、攻撃に徹する人間もいるが、ここでは普通の育成するとして、LUKがある程度必要になる。
 
 昇は装備に必要なLUKを装備したい装備とはまた別の装備で補おうとしていた。必要LUKを装備の能力であげれば、LUKに振らない分、INTに振れるので、攻撃力も上がり、得するわけだ。


 ちなみに補足として言うが、現在メイプルストーリーでは5周年記念として何種類かの期間限定クエストを配信している。その中の一つに『メイプルリーフ』という装備をもらえるクエストがある。


 メイプルリーフとは、SSののぼーんの口についている葉っぱのことで、STR、DEX、INT、LUKのいずれかが+5される。また、専用のアイテムを使うことで、その能力をさらに上げることも可能だ。

 つまり何が言いたいのかと言うと、昇はメイプルリーフのLUKが上がる種類の物を使って不足したLUKを補うつもりだった。それに、このクエストは何度でも数時間おきに遂行することができるので、LUK種が出なくても再挑戦すればいいのだ。







 まぁ、したんだが・・・





























 LUKだけがでねぇんだよ!!!






 今までで行ったクエストの回数はざっと12回。確率的に言えばLUKメイプルリーフが出るのは25%なのだ。それでもなお出ないとは・・・・。運が悪いのな・・・。


 と、まぁLUKの物が出るまではこの武器で行かせてもらう。出次第次の武器を持つようにするさ。まぁ、大きな問題はないはず。










 そんな中、ギルド員の1人に呼びかけられた。


發ドラゴン發:弓s※1

のぼーん:うん?

發ドラゴン發:明鏡止水取得クエ※2した?

のぼーん:してないな。途中まではやったが、萎えてしまった。


 明鏡止水とは4次転職した弓使いのスキルの名前で、それを使いこなせるようにするのはある特定のクエストをクリアする必要がある。なぜしなかったか、それは理由がある。
 『4次転職をした弓使いが自分を含めて2人必要』だったからだ。過疎率が高い弓使いは4次まで行ける人も他職のように多くはない。そのクエストのパートナーを探すのも面倒ったらありゃしない。

 ちなみに、補足として言うべきだろうので言っておこう。明鏡止水は有用性は最初のうちはないので、ボウマスター(弓昇はこれに属する)の皆は敬遠しがちだが、ドラゴンsはボウマスターではなく『クロスボウマスター』という似て否なる職業。弓使いという部類では同じだが、こちらは弩(いしゆみ。ボウガンのこと。)を使う職業である。こちらは明鏡止水ではなく、『スナイピング』というスキルを使えるようになり、これはとても有用性があるので、このクエストはクロスボウマスターの皆にとってぜひクリアしておきたいものなのだろう。


發ドラゴン發:やってないなら手伝ってw

のぼーん:まぁ断る理由はないが

のぼーん:それは今からやるってことなのか?

發ドラゴン發:うん

のぼーん:                     (無言)



 というわけで、のぼーんを9/11までにLv30にするのは無理かもしれない。今日一日手伝いしてたからな。あえて言うならば手伝ったあとさらに一緒にビシャスを倒しに行ってしまった(ぁ

 









 それにしてもこのクエストは酷い。ドロ率の悪いアイテムを集めてこいだのなんだのと。

 闇の霊魂石

 昇の前に落ちてるアイテムのうち一番右にある丸い球状の物――闇の霊魂石というらしいのだが――を50個収集する。このクエストを乗り越えて行った人間の間では、ぜんぜん落とさないでお馴染みの定番アイテムらしい。
 とりあえず1時間集中して狩り、なんとか集め終えることができた。

 





 クエスト

 そして、クエストの最終段階へ進む。

 クリア条件はジュニアバルログというボスモンスターを300匹倒すこと。昇の記憶ではジュニアバルログとやらは強い部類のモンスターに入っていたと思うが、300匹倒せってことは倒せるのだろう。





 クエスト中の風景でも載せておこう。


 明鏡止水取得クエ中で







 明鏡止水取得クエ中




 ちょ、、多くね?w




 あ・・・・



 と、考えてる間にドラゴンsが死亡。



發ドラゴン發:回復しそこねた;
弓昇:
弓昇:もう1度やり直すか。戻ってくるまで待つからさ。
發ドラゴン發:すまない









というわけでもう1回。








・・・もう1度






・・・もう1回死んだ。





發ドラゴン發:回復はペットに任してる※3んだけど
發ドラゴン發:たまに回復できてないんだよね;
弓昇:ペットに頼らない狩りを推奨
發ドラゴン發:ww※4




 そして、もちろん3度目の挑戦。3度目の正直と言うじゃないか。死ぬことはなかろう。







 まぁ、ここで死ねば本気でネタになったのだろうが・・・



發ドラゴン發:えんどw
發ドラゴン發:ありっとw


 無事終えた。ここで2度あることは3度あるとかいうKYなことわざの存在がありながらも、ジュニアバルログはさすがに空気を読んだのだろうかね。



 まぁ、昇も明鏡止水を使えるようになって満足だ。文句の付けようもない。

 00562ri.png




弓昇:さて
弓昇:ビシャスでも行こうか。
發ドラゴン發:いいよw







 ビシャス4人で



そうさ。1人じゃ苦しくても、みんなと一緒ならできる。それがネットゲームの醍醐味だ。




 ビシャス結果


*注意:多人数でも無理なときは無理です。






*もう1個注意:このブログの登場人物のセリフには所々実際に言った言葉と違っている部分がありますが、大まかな意味は同じなのでできるだけスルーしてくださいな。







語の説明

※1・・・『~s』 「~さん」の意。人の名前のあとに続く。これに近い意味で、『~c』 「~ちゃん」や、『~k』 「~くん」という表現もある。

※2・・・『クエ』 「クエスト」の略語。

※3・・・『回復はペットに任せてる』 ペットの機能には「HP回復アイテム自動充填」というものがある。これを使えば、自動で薬を使ってくれるのだが、時々何かの拍子に発動しない場合がある。このことはバグの一種と思われている。

※4・・・『w』 「笑い」の意。数が多いほどそれだけ笑っていることを表す。この由来は「WARAI」の頭文字だの、「笑っているときの口の形」だの言われているが、昇は後者を信じている。
スポンサーサイト
ゲームプレイ記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。