スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

[講談社ラノベ文庫]彼女がフラグをおられたら / 竹井10日

2011年12月12日
彼女がフラグをおられたら 俺、この転校が終わったら、あの娘と結婚するんだ (講談社ラノベ文庫)彼女がフラグをおられたら 俺、この転校が終わったら、あの娘と結婚するんだ (講談社ラノベ文庫)
竹井 10日 CUTEG

講談社 2011-12-02
売り上げランキング : 199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 フラグを視覚的に捉えられる主人公と愉快な仲間たち

あらすじ
僕はもう白旗です

フラグ--それは、人生において大事な分岐点を示す道しるべ。
主人公・旗立颯太は、ひょんなことから他人のフラグが「目視」できるようになってしまった高校生。転校したての颯太は、右も左もわからない環境の中でとにかく近づいてくるヒロインたちの「恋愛フラグ」をついつい折りまくってしまう。その奇妙な行動に興味をもった美少女たちが、なんと颯太と同じ屋根の下で暮らすことが決定。女子7人との寮生活で折っても折ってもわき上がってくる恋愛フラグにいい加減うんざりしていた颯太だったが、ひとつとんでもないフラグを見つけてしまう。それは……!?
竹井10日が贈るハートフルラブコメディ。
あなたのフラグは何色ですか?


フラグが折れないなら立てればいい。
現状を切り抜ける新たなフラグを――

 周りの人のあらゆるフラグを実際に見ることが出来る主人公、旗立颯太(はたて そうた)があらゆるフラグを折るストーリー。友情フラグ、恋愛フラグ、果ては死亡フラグまで折るために奔走する。
 って、ちょっとぐらい利用してもいいんじゃないかとツッコミを入れたくなるレベルで折りまくる主人公である。
 最初に『周りの人の~』と書いたが、これはつまり、自分に関係するフラグしか見えないということで、劣化未来予知能力とでも言ったところだろうか。
 それに関連して、と言っていいのかわからないが、主人公はやたらと「自分と関わらない方がいい」と相手に言う。これはどういう意図からなのか。ただ単に面倒くさいからなのか、フラグを見るとどうにかしなければという義務感でもあるのか、あるいはネタバレになるので詳しくは言えないが、主人公の未来に関係することなのか。伏線はたくさんあるので、楽しみにしておこう。
 あ、伏線と言えば、話に深みを出そうとしてキャラの名前(特に苗字)がちょっと凄いことになってる。これもうちょいどうにかならなかったのかと誰もが思うだろうけど、まぁそれに相成って面白い展開になってくれることを祈る。

 ジャンルについては、普通の学園ラブコメ(勿論恋愛フラグは容赦なく折りにかかるが)であり、同作者である角川スニーカー文庫『東京皇帝☆北条恋歌』や、ましてや一迅社文庫『10歳の保健体育』よりも万人受けにはよろしいかと。竹井10日未経験者には是非、この『彼女がフラグをおられたら』から読み始めてもらえると良いかもしれない。
 ちなみに、講談社ラノベ文庫公式では「ラブコメの上級”イチャコメ”開幕!」と銘打っているが、『コメ(ディ)』の要素があまりにも強すぎて、全然『イチャ』要素を感じられなかった。そもそも主人公がフラグを折る話なんだから、それは無いんじゃないかと思うが……。

 著者が竹井10日先生であるがゆえに、とてもコミカルな作風で読んでて楽しい。地の文に地の文でツッコミを入れられるのは竹井先生以外に見たことない。『東京皇帝☆北条恋歌』の時にも感じたことだけど、日常シーンとシリアスシーンの落差がヤバかったが、今回はほとんどコミカル路線である意味安心。でもやっぱり落差の違和感が拭えないなんて言えない。

 あとちょっと気になったのが、キャラクターが東京皇帝☆北条恋歌のキャラクターをベースにしたような性格をしてる気がする。同じ作者とは言えど、ここまで言動が一緒だと……。いや、面白いからいいんですけどね。


 イラストはMF文庫J『この中に1人、妹がいる!』本文イラストや、電撃文庫『アイドライジング!』本文イラスト、ファミ通文庫『ココロコネクト』コミカライズでお馴染みのCUTEG(カム)先生。
 今波に乗りだした絵師なので、チェックしておくといいことあるかも。


個人的評価:B+



スポンサーサイト
ラノベ書評 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
No title
っぁっれ!なんだか急に明日になったら彼女が出来る予感が!!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。