スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

レベ上げいいじゃないかっ

2008年09月10日
 空気読まない昇が通りますよっと。もうメイポのブログにしちまおうかなと思ってしまったほど今回もメイポの話。いや、マジすまん。








 











 とりあえず新キャラを作ったことを言っておこう。


 のぼーん

 『のぼーん』。魔法使い。スクリーンショット(以降SSと表記)は転職前の図。



 事の発端はギルドにある。


ギルド員H(仮名):なんかギルクエやりたいんだが(紫色はギルド員同士でのチャットの証)

 ギルクエとは『ギルドクエスト』の略称で、一種のグループクエストのことだ。ただし、即席で集まったグループ員で気軽にやれるわけではなく、同じギルドに所属してるメンバーで行う。助っ人を呼ぶことも良いが、ギルドを所属しなおさないといけないことや、ギルクエそのものの面倒さに呼べる可能性は低い。
 しかしながら、難易度もそれなりに高く設定されていて、必須職業、必須レベルも存在している。

 




 正直な話、面倒すぎる。





 補足させてもらうと、必須の職業はテレポートができる魔法使い、ダークサイト(敵をすり抜けるスキル)ができる盗賊、遠距離攻撃のできる弓使い及び盗賊。必須のレベルはLv30以下のキャラクター数名。これらは1名ずつでもクリア可能なのだが、いざ、始めようとするとなかなかできない。

 特に『Lv30以下のキャラクター』だ。これが集まりにくいのはみんな30Lvで新たなスキルを身に付けること(二次転職)ができ、その習得にいそしむからだ。Lv30というのは一つの区切りであって、万人がその先へ進みたいと思うのもわかる。

 とりあえず話を戻そう。


弓昇:お前が必要なメンバー集められるなら付き合ってやる。
ギルド員H:おk任せろ
ギルド員H:すまん。無理だった。
弓昇:予測はしてた。気にするな。


 ここで話は終わったのだが、俺もギルクエがやりたくないわけではない。
 

 なぜなら、ギルクエなどのグループクエストには必ずしも報酬があるもので、このギルクエでは以前このブログで俺が投稿した記事の中にも入っていた『シャープアイズ30』も報酬としてあるという噂を聞いたからだ。
 入手できるものはランダムで、最悪何ももらえない場合もある。超低確率なのだ。それでもなお、このシャープアイズ30にロマンを感じてならない。
 ギルクエはギルドの発展にも関係するし、一石二鳥である。催さない手はない。


 


 そこで、一番協力してもらいにくいLv30以下の人材をどうするかという話になる。




 毎回どこかで誘ってくるか?
 だが、誘える可能性は低い。



 誰かに作ってもらうように頼もうか?
 だが、誰が手伝ってくれるというのか。




 ならば・・・





 自分が作るしかなかろう。




















 そうして誕生したのが『のぼーん』である。

 魔法使いになったのぼーん


何?名前のセンスねーよ?気にするとこじゃないぞそこは。



ん?髪の色が変わってるだと?気にするな。ただのイメチェンだ。というか本気で使えるキャラとして利用する場合には髪の色をまず変えるのが俺ルールとなっている。大した意味はない。

 

 とにもかくにも早くLv30にしたいがために今日はがむしゃらに狩っていた。



 LvUP
 

 とりあえず、結果としては今日だけでLv20にすることができた。これは自己ベストな速度だとLv上げが遅い昇は自己満足していた。

 HP,MP,EXP




 ちなみに、普段から怠慢なレベル上げの速度の昇がこの速度のLv上げを記録できたのには理由がある。



 それは、今まで行っていなかった方法を取り入れたからだった。




 その方法は『装備式逆育成』。

 まぁ、どういうものかというとこのレベルになったからこの装備をそろえようという思想ではなく、「この装備を使いたいからレベルを上げよう。」と、考え方を変えることだ。

 何、難しいことではない。プレイヤー自信は先々に装備する予定の武器や防具を用意しておくだけで良いのだ。


 つまりはこういうことだ。

 装備式逆育成の例

 な。装備したくなっただろう。したくならないと言う人はLv8の時点の魔法使いの視点で想像して欲しい。

 とにかく、これらの装備を道なりに装備していって、最後にはLv30の装備である、『毒キノコ』で締めくくるのだ。目標がハッキリしててがんばれる気がしないか?

 ちょ、金ばかりかかるとか言わないでくれよ。使い終わった装備から売っていけばある程度のキャッシュバックは期待できるじゃないか。

 
 とりあえず昇はこれで一日でLv20まで行くことができた。個人差があるのかもしれないが、昇としてはこれ以上の方法はないと思う。次の装備おきに転職して新たなスキルを身につけられる感覚だ。試してくれても良いじゃないかみんな。





 っと、あえてここまで言わなかったが、言っておくべきだと思って、まぁ、なんだ。言っておく。


 この育成方法の考案者は俺だからな!(       以上。


予定としては9/11にはLv30にしておきたいと思う。できるかどうかよりもがんばることが大切なのさ。













 それにしても、『焦らなくても経験値は上がる』がモットーの俺とは思えない速度だったな・・・。



スポンサーサイト
ゲームプレイ記 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
来たぜ
ギルクエ俺大好きだわw
30以下は夜なら1chカニングで軟派してれば捕まえれるぜ(慣れるまでぜんぜんだったがな
ぁ、あと俺前に暴風20とエルクィネス30ならだしたよ
コメントありがとな、DERUTA先輩。

悪いがナンパは性にあわん。こう見えて一途とかよく言われるんでな(何

ちなみに目標はSE30及び暗殺30の入手。SE30は俺専用。暗殺30は欲しがってる知り合いが出たら売ってくれと。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。