スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

03/26のツイートまとめ

2011年03月27日
nobonobonobon

自分をにわかと認識してないにわかオタクほど、うざいものはない
03-26 00:31

くそ!ニャル子さん7巻の表紙のニャル子かわいいな!くそっ!くそっ!
03-26 01:13

【マイリスト】壱億返済日記 第13話 「四人寄れば節約の知恵」 http://nico.ms/mg19623 #mg19623
03-26 01:19

【マイリスト】戦勇。 第24話 「勇者、葛藤する。」 http://nico.ms/mg19402 #mg19402
03-26 01:26

ハーレムものの作品はよく見るし好きだけど、リアルにそんなの居たら確実に顔見るたびに死ねって言っちゃうんだろうな。
03-26 01:37

アニメの脚本家は絵もある程度描けないと難しそうだな
03-26 01:44

MF文庫Jはアニメ会社と太いパイプがあるのでアニメ化がしやすいという噂を聞いた。それにしてはアニメ化してる作品があまり多く見えないけどなぁ。ここ1,2年のMFが強い新人を引っ張り上げるスキルが高いだけだと思うのだが。
03-26 01:47

『緋弾のアリア』で一番可愛いのはジャンヌ・ダルクだよ!
03-26 02:11

『ココロコネクト キズランダム』読了。一巻と違い今回は文研部の部員の人格が入れ替わるのではなく、心の奥底で最もしたいと思っていることを、理性を飛ばして強制的に『欲望解放』してしまう。
03-26 02:57

アトランダムにそれが起こってしまうことにより、心にもないことを言ってしまったり、ちょっとのイラつきや目的の通過点で、誰かにに暴力をふってしまい、それに苦悩する文研部。というのが二巻の主なあらすじ。
03-26 02:58

人格入れ替わりものとして読んでいた読者には残念かもしれないが、読んでみるとなかなかに面白い。インパクトは一巻の入れ替わりの方が上だとは思うが、今回は文研部以外の他人も巻き込んでしまうかもしれないという危機感に、文研部員は悩んでいるわけです。
03-26 03:06

つまり、今回のココロコネクトの見所は、はたして文研部は腹を割って話し合うことができるか、という点にあると思います。
03-26 03:11

本音のぶつかりあいというのが当たり前な状況下でのヒューマンドラマというか、少なくとも一巻と違ったシチュエーションは、実際のところ俺にとっては今までにないパターンで、面白いストーリー展開だった。言い方が悪いかもしれんが、〈ふうせんかずら〉の視点で見ると、本当に面白い展開だと思う
03-26 03:21

次は『緋弾のアリア?』を読みます。
03-26 03:28

『社会的には死んでも君を!』二巻の「一緒に行きませんか」「カラオケに行く先約がある」「誰とですか」「ヒトカラだけど……」の件は笑った。
03-26 03:41

そう、○○の○○たんはいとも簡単にミニコンのハートを射止めるわけだが
03-26 03:54

おきったー
03-26 11:53

どうも、絶滅危惧種ののぼりんです。
03-26 17:26

【マイリスト】クラッシュ・バンディクー2 ~コルテックスの逆襲!~ を実況プレイ part1 http://nico.ms/sm13955527 #sm13955527
03-26 17:59

最近のラノベやマンガには「おいお前」「俺はお前なんて名前じゃない。○○って名前があるんだよ」という会話が30%ぐらいの確率で出てるような気がします。
03-26 18:10

スポンサーサイト
ツイートまとめ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。