スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今日のポケモンバトルまとめ in TG研

2011年04月14日
 それは昇が本日、『テーブルゲーム研究会』に友達と一緒に行ったときのこと。


友達A「TG研(テーブルゲーム研究会の意)ってどんなゲームがあるんですか?」

先輩「まぁ名前の通り、テーブルゲームしかないねー。あ、ポケモン俺今持ってるけどwwww」




昇「是非やりましょう」


* ゚・*:.。.:*・゜+.:*・゜゚・*:. *


 時は少し戻って、

 昇は大学で友達を10人ほどは作った。その中でも特に仲が良い2人がいる。ここでは仮に、友人A、友人Bとしておこう。
 2人とは新入生歓迎パーティで知り合い、その場でメールアドレスも交換しあった。その時はどんな人なのかわからなかったけど、俺が趣味話(ラノベ・ゲーム・アニメ)を適当に話してたら馬が合ったので、「ああ、やっぱり同類かぁ」と思ったわけで。

 そんなわけでそれ以来、2人+αと一緒によく話したりしています。学校に少し早め着いて、食堂でモンハンやPSPo2iをやってたりしてるほどの仲です。学校始まってまだ1週間ちょいなのにここまでか。俺も成長したな。褒めて!


 で、


 俺が漫画研究部に行ってみたいと言った時に、2人を巻き込んでしまった(見送りだけの予定が先輩方にタイーホされた)もので、友人Aが「テーブルゲーム研究会俺見てみたいから付き合えよ! 拒否権はなしな」と言われたもので、まぁ本日行ったわけです。ちなみに2回目の漫画研究部の時は、俺を捨てて逃げ出しましたあいつ。


 大学本館から数分歩いて着いた5号館――だっけな。15号館くらいあるからうろ覚えでござる。
 『テーブルゲーム研究会』と書かれた紙がドアに貼ってあるので、おそらくここだろうと昇、友人A、友人Bは検討づける。中からは人が会話してるのも聞こえてくる。


友人A「ここかな」
「ここだね」
友人B「おいA、開けろよ」
友人A「えっ、えー、なんか中から笑い声聞こえるし」
「だからこそだろww」
友人A「えー、何かやだよー」
「活動終わるまで待つ気かこのチキンwwwww」
友人B「お前が来たいっつったんだろーがwwww」
「そうだよ! 言いだしっぺ早くしろ!」
友人A「えー、えー、えええええー」



通りがかり「あ、ちょっといいっすかね」


3人「「「あ、はい、どうぞどうぞ」」」


 何だこいつら。
 通りがかりの人がテーブルゲーム研究部の部屋に入る。


「あ、テーブルゲーム研究部の人ですか?」
「そうっすよ。新入生っすか?」
友人A「あ、はい。見学したくて」
「どうぞどうぞー」


 成り行きってひでー。


 部室の中に入ると……


友人B「スマブラwwwww」

 よりにもよって64のスマブラやってたよ!! 何人かテレビの前に集まってスマブラ。どことなく高校のエンタメ部を彷彿とさせるものがある。

 スマブラを遠巻きに見ていた先輩の1人が昇たちに話しかける。


先輩「おー、新入生? いらっしゃいな」
友人A「えっと……ここってTG研の部室ですよね?」
先輩「そだよ。『アマチュア無線部』もここで部活やってんだけどね。ちなみに俺はアマチュア無線部」
友人A「あ、じゃあスマブラやってるのは――」
先輩「おーい、TG研の奴、手を挙げろー。新入生だぞー」


 ザザッ!!


 数人の男が手を挙げる。



「って全員スマブラやってんのかよ!!!」


 テーブルゲームとはいったいなんだったのか。


先輩「ま、スマブラは4人埋まってるし、俺らはテーブルゲームでもしてようぜ」
「……アマチュア無線とはいったいなんだったのか」
先輩「ま、ユルいとこだからそこらへんは気にしないでよ」



友人A「TG研って、どんなゲームがあるんですか?」
先輩「まぁ名前の通り、テーブルゲームしかないねー。あ、ポケモン俺今持ってるけどwwww」


昇「是非やりましょう」


 そして話は冒頭に繋がる。






 その前にコメ返でござる。

コメ主
>>コメント
昇の返答



かっきー
>>DMで3000円級のカード持ってたのはガーガーだね
>>おれのは高くても2000円くらいしかしないよ
>>遊戯王ならたかいのいくつかあるけどw

最高額より合計額を言おうぜ

>>で、ヴァイスの高いルイズは最近下がったよ
>>多分8000円くらいあれば買えるんじゃないかな

たけーよ!ばかぁ!



明治さん
>>とりあえず今のカード業界についていける気がしません。
イマモムカシモダメダヨォ!




>>ヴァイス面白そうだからやろうと思ったけど遊戯王が独占という(
つっても俺にはサッパリわからんのぜ。申し訳ナス

>>ソーシャルライブラリーはチラチラみてるよ・x・
マジかよ。
俺が言うのもなんだが、あれ見てる人いるとは思わんかったぜ



ヤビットさん
>■(前記事より)かっきーよりもガーガーよりも、俺の自キャラのがかわいいもんねーっだ!
>>素直になれないんだな可哀想に…
同情なんか……いらん……!

>>私はカードはデータカードダスしかやらないなあ
>>ゆーぎおーとかでゅえるますたあずとか一緒にやる人いないしね
>>小さい子に混じってやるプリキュアDCDちょーたのしー

ヤビットさんのが重症だったか……



暗燈
>>DM,遊戯王,ヴァイスに手をつけて次はカオスに手をだしてみたい
>>でもカードよりラノベに俺は投資するしかねぇ!!

俺もカードよりラノベに投資するぜ!!
一乃さぁああああああああん!!







先輩「ルールは見せ合い無しの3対3のシングルバトル。持ち物重複、シューター(バトル中に道具を使うシステム)は無しで」

「見せ合い無し、ですか?」
先輩「うむ。俺の専門はそれなんだ」
「ほう、ちなみに俺の専門はダブルバトルですよ」
先輩「それはいずれな」

友人A「勝てよ!」
友人B「新入生代表やれ! 俺はDSを忘れた!」
「この野郎! 俺の本分はラノベだと言うのに!」




1ターン目

 相手はアブソルを繰り出す。
 対する昇はユキメノコが先発だ。

先輩「相性はこっちが有利……っと」
「む……」

 アブソル。火力があるポケモンだ。火力以外は割りと大したことないが……相性は完全に不利だ。
 幸い素早さはこちらが上。ユキメノコはきあいのタスキ(1発でひんしになるダメージを喰らっても、HP1で耐える道具)を持たせているので、死ぬことはないが、ここでユキメノコを失うとこの後にドラゴンタイプのポケモンが控えているとまずい。
 しかし、『おいうち』を警戒して、昇はユキメノコに『ふぶき』を使わせた。本こだを書いてる今考えると、得策ではなかっただろうこれ。


 先制! アブソルの"いわなだれ"
 ユキメノコに効果抜群。タスキの効果でHP1だけ残る。

「は!?」
先輩「^^」

 なんと相手の先手。完全にこだわりスカーフ(素早さが1.5倍になる代わりに、最初に選んだ技しか使えなくなる)だ。

先輩「ついでだ。ひるめ!」
「ひるむな!」


 ユキメノコは ひるんで うごけない!


「    」
先輩「^^ニヤニヤ」





2ターン目

 昇はユキメノコを戻す。
 代わりに出したのは"トリトドン"!

 アブソルの"いわなだれ"!
 効果はイマ一つ。HP200ちょいあるうちの20ほどしか削られない。

先輩「ま、交代してくるわな」
「しゃーないっすよ」




3ターン目

 相手はアブソルをひっこめる。


「ま、それしかないっすもんね」
先輩「おうよ^w^」


 相手はアブソルを繰り出す!


「ふぇ?」
先輩「ふっふっふ。そろそろバレたかな」

 どういうことだ。1匹目のアブソルはゾロアークだったと言うのか。いや、ゾロアークっていわなだれを覚えられたっけ……。不可解なことに昇は首をひねる。
 ブログ的にわかりにくいので、最初に出てきたアブソルをアブソルA、今出てきたのをアブソルBと分類する。


 トリトドンの "たくわえる"
 ぼうぎょと とくぼうが あがった。

先輩「ま、たくわえるだろうな。読めてたわ」



4ターン目

 さっき先輩は"たくわえる"を使ったことを読めてると言った。つまりそれすら突破する何かがあるのだろう。
 "ほえる"? ないな。"くろいきり"? ないな。
 "めざめるパワー草"。これかな。
 とりあえず打診しよう。めざパ草なら非常に面倒だ。


 昇は トリトドンを ひっこめる!


先輩「あれ? ひっこめちゃうんだ」
「とりあえず先輩の口プに乗りますよ」


 いけっ! ユキメノコ(HP1)!

 相手のアブソルBの"よこどり"!
 しかし うまくきまらなかった。


先輩「たくわえてくると思ったんだけどなー」
「なるほど、"たくわえる"の効果を奪うつもりだったんですね」



5ターン目

 おそらくは先制技である"ふいうち"を使ってくるだろう。スカーフではなかったからな。ならば――


 相手の アブソルBの "ふいうち"!
 しかし うまくきまらなかった。

 ユキメノコの "あまごい"!


先輩「!?」
「ふいうちは読めてました。ふいうちじゃなくても、一応バックがバックなので、問題なかったのですが」




6ターン目

 昇はユキメノコをひっこめた。
 代わりに再びのトリトドン。

先輩「クソッ!」

 相手のアブソルBの"ふいうち"。
 しかしうまくきまらない。

「先輩、NDK!NDK!」
先輩「まだ1匹も倒れていないくぁwせdrftgyふじこlp」




7ターン目

相手のアブソルBの"よこどり"
アブソルBはこちらをうかがっている!

トリトドンの"ねっとう"!
アブソルBはやけどになった! 1発のダメージでHPも半分以上削れる。


先輩「たくわえない……だと……」
「やけどウマー」



8ターン目

アブソルBの"ふいうち"!
しかしうまくきまらなかった。

トリトドンの"たくわえる"!
ぼうぎょと(ry

アブソルBはやけどのダメージ。


「やけどのダメージで、次のターンでほっといても死にますね」
先輩「……」
「^^ニヤニヤ」




9ターン目

先輩「急所ワンチャン!」

アブソルBのつじぎり!
きゅうしょにあたった!

「うおっ」
先輩「っしゃぁ!!」

 トリトドンのHPが半分より少し下回る。
 オボンのみでHPが4分の1回復。

先輩「オボンゴ……」
「急所なのに全然ダメージないっすね^p^」


 トリトドンの"じこさいせい"!
 トリトドンはHPが最大になった!


 やけどのダメージでアブソルB、乙。

 あまごいの効果が切れ、雨が止む。




10ターン目

先輩「いけっ!アブソルC!」
「なんでやねん!!」


 相手はアブソルC(しかも色違い)を繰り出した!


 何かおかしいなと思いつつ、
「ゾロア、ゾロアーク、アブソルってとこですかね……」
先輩「何言ってんだ。全部アブソルだ
「あ?」
先輩「ポケモン重複が禁止とは言ってないぞ? ちゃんと言ってないだろ」
「ああ……さよう、ですか……」
 ちゃんと言ってないだろ、ってどんな言葉だ。


アブソルCの"のろい"!
こうげきと ぼうぎょが 上がった! すばやさが 下がった!

トリトドンの"たくわえる"!
(ry


「のろい型ですか」
先輩「のろい殺してやる!」

 確かに"たくわえる"は3回までしか使えないということを考えれば、不利になるのは確実にこちらだ。
 ならば――早く潰すしかない!




11ターン目

アブソルCの"しっぺがえし"!
トリトドンに50ほどのダメージ。

先輩「ええっ!? まだこっちが先手だったのか!? 威力上がらないよ!」
「別に最遅調整とかしてるわけじゃないんですけどね……」


トリトドンの"ねっとう"!
アブソルCのHPを4分の1ほど削る。


「硬!? アブソルの特殊耐久じゃねえ!」
先輩「ふふふ。特殊耐久特化なのだよ」




12ターン目

アブソルCの"のろい"!
こうげきと ぼうぎょが(ry

トリトドンの"ねっとう"!
アブソルCのHPを半分ぐらいまで減らす。

アブソルCはオボンのみを食べて回復!


「Oh NO!!!」
先輩「オボンがお前だけのものだと思うなよ!」


アブソルCは"ねっとう"の追加効果で、やけどになった!


先輩「Oh NO!!!!!」
「wwwwwwwwwww」




13ターン目

 トリトドンの"たくわえる"!(アブソルCの"のろい"で素早さが下がったため先手)
 (ry

 アブソルCの"しっぺがえし"!
 HPが20ほど削れる……

 アブソルCにやけどダメージ


「やけど込みで、次で落ちますね」
先輩「ふふふ……落ちやしないさ!」
「何ィ!? ……まさか、"ねむる"を!?」






14ターン目

「相手が降参を選択しました」





~~~~~~~

友人A&B「乙」

「1匹も死んでないっすよ先輩」
先輩「はい……おっしゃる通りで……」
「まったく、どれだけアブソル用意してるんですか?」
先輩「あ、見る? 見る? 見る?」
「……ア、ミセテクレルンデスカー。ヤッタァー」


 DSの画面を覗き込む。


 ボックス内に




 21匹のアブソルたちが。





「え、これ全部育て方違うんですか?」
先輩「そだよ。特にこの子がお気に入りでねー!」


 中略。


先輩「アブソルは俺の嫁!!」
「素晴らしいですね。あっはっはー」


 そこで、部長らしき人が『さて、そろそろ時間だから帰るぞー。節電で帰宅時間早くなってるからな』と言ったので、帰宅準備をすることに。



「あ、そうだ先輩」
先輩「ん?」

「出してない残りの1匹、スカーフサザンドラです。きあいだま持ちの」



先輩「勝てる要素なんてなかった!?」
スポンサーサイト
ゲームプレイ記 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
No title
高校生から大学生へ・・・!
しかしゆみさんを待ち受けていたのは変わらない学校生活だった・・・!
なんか先輩さんがちょっと可哀想になってきた…

そして俺はポケモン魂に火がついた…!!
先輩アブソル愛しすぎだろwww
よくそんなに型思いつくなぁー、と感心するわww

スカーフサザンドラ…
俺もヤツとバタフリーには一本取られたわww
No title
前回記事からTG=トレーディングカードゲームと思った私は壮絶に爆発した。
(TCGが一般的なのはわかっているが)

アブソルいいのにそれをいじめた昇さんはひどい。
No title
私を待ち受けていたのはぼっちの大学生活でした。

読んでる途中のぼりんに友達がいなくなる呪いかけたから気を付けてね^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。