スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

中毒すぎて逃げられない。(ギル員募集ver)

2008年09月23日
 まず、昨日行った行動について。












ぎるいんぼすー




 久々に拡声器を使ってギルド員を募集してみた。というのは夏休みも終わってギルド員のメンツのIN率が下がりだして寂しいというのが一つの要因だ。

 だがやはり、知名度も皆無に等しいギルドだ。今回の結果は4名で終わった。







發ドラゴン發:オタク歓迎って邪魔でしょ。
弓昇:
弓昇:やっぱりオタク歓迎邪魔だっか
發ドラゴン發:うむ
弓昇:明日ほとぼりが冷めたら
弓昇:もっかい叫ぶことにするゎ












 そして本日。






 

















ギル員募集






連合員Ka(仮名):ぶwつるやさん(※)ww





あ、やっぱりわかる人にはわかるんだな。








と、オタク歓迎の文字は入れてみないことにしたのだが・・・。







↓拡声器使用後のチャットの様子



爻疾風雷電爻:何人来るかな
X謎の欧米人X:2人じゃね?w
xxミクラスxx:0

友人Su(仮名):0人に一票>ゆみしょー
友人Na:来なかったら受けるのに>弓






・・・お前ら。








:入れてくださいw
弓昇:おkw

:いれてくださいな
弓昇:超おk

:入れてw
弓昇:大歓迎ですよ

:平均レベルいくつですか?
弓昇:ちゃんとは調べていませんが、4次転職者が2名います。
:とりあえずお試しでw
弓昇:お気にめさなかったら抜けていただいてもけっこうですよw
弓昇:人を束縛する気はさらさらないので。











えーとまた4名だな。






予想してくれたみんな、ハズレだ。残念だったな。




































 みんな長居してくれると嬉しいね。たぶん1人か2人くらいしか最終的には残らないだろうが、それでも昇としては感謝している。このギルド選んでくれてありがとうな。
















X謎の欧米人X:えー、銀河に願いをにご加入の皆様
X謎の欧米人X:こちらの我々のギルド『きゃーっば』へ移籍しましょう。
弓昇:おいwwwww


















語の説明

※・・・『つるやさん』 「涼宮ハルヒの憂鬱」の登場人物。正しくは「鶴屋さん」で、下の名前は公開されていない。なにげにハルヒシリーズのキャラクターの中で最も昇が好きなキャラである。
 朝比奈みくるの同級生で友人の2年生(第9巻『分裂』より3年)の女子生徒。身長160cm。ハルヒにより、SOS団名誉顧問に任命される。テンションは常に高くてノリがよく、面白いことが大好きなのでハルヒとも気が合う。背が高いスレンダー系の美少女。「めがっさ(とてもの意)」「-にょろ」「ハルにゃん(ハルヒのこと)」などの独特な言い回しを用いる。身体能力は高く、『消失』でみくるに無理に迫ったキョンを返り討ちにしたほど。原作では「準団員」の中でも、巻が進むほど登場回数が増えていく。
実家は代々続く名家で、実は古泉の所属する「機関」のスポンサーの一つでもある。鶴屋家と「機関」の間には相互不可侵の取り決めがあり、エージェントとしての古泉も次代当主の彼女には手を出さないよう厳命されていたが、ハルヒの能力のためかそうはならなかった。
SOS団の内情や学校内での各組織の暗躍を、直感に近い感覚でかなりの部分で把握していると思われ、キョンにそれとなく明かしては驚愕させることもしばしば。そのため、キョンが多大な信頼を寄せている。ただし、彼女自身は現状ではあくまでも友人としてのポーズを貫き、自身は観察者であると決めている。第7巻『陰謀』では、鶴屋家所有の山(通称・鶴屋山)から掘り出された不思議な出土品(オーパーツ)の出自にかこつけて、キョンに「未来人か宇宙人だったら、どっちがいい? 今のうちに決めといた方がいいかも」と意味深な問いかけをした。

wiki-涼宮ハルヒシリーズの登場人物より引用
スポンサーサイト
ゲームプレイ記 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
No title
あ、鶴屋sは一番好きかなwww
キャラのきつさも程々で…(以下略)


謎sはなかなかやりますね…
かなり笑
本記事より、語の説明のほうが読むのに時間かかった…
コメ返
>十六夜さん
鶴屋さんは良いですよね!
性格はもとより、あの人間としてのステータスといい(ry


>しっぷぅ
鶴屋さんは萌え(ぁ

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。