スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ドラゴンパルス取得完了@無知な昇

2008年09月16日
 弓使いのスキル、『ドラゴンパルス』を習得することになった。





 ドラゴンパルスは4次転職をした戦士の『スタンス』というスキルを習得するためのクエストに同行させてもらう必要がある。ちなみにそのスタンス習得クエスト。通称スタンスクエでは、魔法使いと盗賊もそれぞれ固有のスキルを習得できるので、この際ギルド連合内にいるスキル習得していない人間を一掃してしまっても問題ないだろうと誘ってみた。

 習得していなかったのはお馴染みドラゴンsと連合員のDoさん(仮名)だ。





 4次戦士だけは連合内にいなかったので拡声器(※1)を使ってその協力者を探してみる。






發ドラゴン發:タイラスクエつれてってくれる戦士s募集此方120弩129弓139聖 内緒ヨロ(拡声器



拡声器の表現難しいな




あ、そうそう。スタンスクエの別名はタイラスクエ。キーパーソンのキャラがタイラスって名前だからだそうだ。






っとそうじゃなくて、ちゃんと戦士の人見つけたとも。うん。



 スタンスクエメンバー



一番左にいる人が協力者。右から二番目のタヌキみたいな目してるのが連合員Doさん(仮名)。





さて、クエストの内容はいたってシンプルで


クリムゾンバルログ
↑こんな敵



こいつらがたくさん出現するので



タイラス


その敵からこいつを守りきればクリア。キャラクターの上にあるゲージは体力。真っ黒になると死亡ってことでクエスト失敗。



まぁ、これはスタンスを取る方法であって、ここでは重要なことではない。ドラゴンパルスを習得したい昇にとっては件の出現するモンスターがたまに落とす『スキルブック』が必要になる。


 2回くらいクエストを繰り返せば出るという経験者の話だったが、結果としては4回ほどやることになってしまった。どんだけ運悪いんだ。


 ジェネでタイラス殺してる希ガス



こんな勢いで敵を倒してたりしたのだが・・・・




まぁ、何にしても










 ドラゴンパルス習得



無事ドラゴンパルスを取得できた。クエスト始めてから30分くらいかかったかな。普通は15分もすれば出るって話なのだが・・・。






しかし、このドラゴンパルスというスキル、使ってみるとこれまたおもしろいものだ。





 青Y




 このブルーワイバーン。ドラゴンパルスを撃つ前の上の段差の左端で生意気にも昇を攻撃していたのだが、矢の飛ぶところまで高速ですっ飛んでしまうのだ。







 ・・・・





なんつーかこれ・・・・


























めがっさはまった。




















 シャクラーすら







目安としては画面端くらいまで飛んでいく。岸などがあればそこで止まるが、気にならない程度。








正直使ってて楽しい。飽きない。










  姫withDERUTA







暇潰しに適当に回ってた狩場にDERUTA先輩がいたから、ドラゴンパルスで敵をぶつけて遊んでしまうほどだ(ぁ





xxDERUTAxx:ちょw痛いww





すいません。止まりません。orz














この勢いならボスに当てれば誰かをPK(※2)できるんじゃね!?


と、考えてしまった俺がバカだった。









とある友人のクエストをクリアするのにレッドドラゴンというモンスターを成り行きで倒すことになった。昇は手伝いついでにドラゴンパルスを試そうと挑んでみた。












レッドドラゴン




・・・







攻略サイトではどのサイトにも書いてあることだ。





ドラゴンパルスはボスには通用しません。










欲深い昇には罰が当たりましたとさ。
















語の説明

※1・・・『拡声器』 INしている人全員に聞こえるチャットを行える。リアルマネーにして1回30円で使用可能。

※2・・・『PK』 プレイヤーキルの略。ようするにモンスターを使ってプレイヤーを殺すことを指す。MPKとも呼ばれる(モンスタープレイヤーキル)。決して「パンツ食い込んでる」の略ではない。














↓おまけ 安置をください
 黒Y①
 黒Y②



スポンサーサイト
ゲームプレイ記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。