スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

冬コミ~ん

2011年12月27日

 普通のブログ記事ではお久! のぼりんだよ!

 もうすっかり冬コミ直前ですね。

 というわけで生存、あるいは近況報告です。

Read more "冬コミ~ん"
スポンサーサイト
趣味活動 | Comments(1) | Trackback(0)

[講談社ラノベ文庫]魔法使いなら味噌を喰え! / 澄守彩

2011年12月18日
魔法使いなら味噌を喰え! (講談社ラノベ文庫)魔法使いなら味噌を喰え! (講談社ラノベ文庫)
澄守 彩 シロウ

講談社 2011-12-02
売り上げランキング : 11894

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 魔法科高校のやや劣等生


あらすじ
魔法と味噌、二つが交わるとき物語が始まる!

「魔法」という不可思議な力の存在が明らかになってから、約100年。人類は科学に匹敵する「力」として、魔法の研究にまい進した。

しかし、魔法抑止物質「MISO」――the Material of an Impedimentto the Sorcerer’s Ordersが発見されたことで、「魔法」は、特別なものではなくなり、ただの一技術として扱われることになった――。
それはそれとして、魔法学校に通う高校生・八丁屋将太が朝、味噌汁を味わっているところに乱入してきたのは、魔法発祥の地・マジエールのお姫様で――。
第1回講談社ラノベ文庫新人賞<大賞>受賞作が登場!!
Read more "[講談社ラノベ文庫]魔法使いなら味噌を喰え! / 澄守彩"
ラノベ書評 | Comments(0) | Trackback(0)

[講談社ラノベ文庫]彼女がフラグをおられたら / 竹井10日

2011年12月12日
彼女がフラグをおられたら 俺、この転校が終わったら、あの娘と結婚するんだ (講談社ラノベ文庫)彼女がフラグをおられたら 俺、この転校が終わったら、あの娘と結婚するんだ (講談社ラノベ文庫)
竹井 10日 CUTEG

講談社 2011-12-02
売り上げランキング : 199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 フラグを視覚的に捉えられる主人公と愉快な仲間たち

あらすじ
僕はもう白旗です

フラグ--それは、人生において大事な分岐点を示す道しるべ。
主人公・旗立颯太は、ひょんなことから他人のフラグが「目視」できるようになってしまった高校生。転校したての颯太は、右も左もわからない環境の中でとにかく近づいてくるヒロインたちの「恋愛フラグ」をついつい折りまくってしまう。その奇妙な行動に興味をもった美少女たちが、なんと颯太と同じ屋根の下で暮らすことが決定。女子7人との寮生活で折っても折ってもわき上がってくる恋愛フラグにいい加減うんざりしていた颯太だったが、ひとつとんでもないフラグを見つけてしまう。それは……!?
竹井10日が贈るハートフルラブコメディ。
あなたのフラグは何色ですか?

Read more "[講談社ラノベ文庫]彼女がフラグをおられたら / 竹井10日"
ラノベ書評 | Comments(1) | Trackback(0)

冬コミ脱稿しました

2011年12月08日

 初めて『脱稿』なんて言葉使ったぜ!

 つまり、冬コミ原稿描き終えたのだ。

Read more "冬コミ脱稿しました"
趣味活動 | Comments(1) | Trackback(0)

[富士見ファンタジア文庫]生徒会の金蘭 / 葵 せきな

2011年12月08日
生徒会の金蘭  碧陽学園生徒会黙示録6 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の金蘭 碧陽学園生徒会黙示録6 (富士見ファンタジア文庫)
葵 せきな 狗神 煌

富士見書房 2011-10-20
売り上げランキング : 2586

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 2年B組のこのまま過ぎ去るかと思われた日常が崩壊した時。


あらすじ
「私達は今、とても大切な時期にあります」
 私立碧陽学園生徒会――そこは、美少女メンバー四人が集う楽園だが、変革を求められる時期が訪れていた。シリーズも終盤へ突入した今だから、出来ることがきっとあるはずだ。さあ「生徒会の一存」の新たな可能性を見つけ出そうじゃないか。失敗を恐れてはいけない、挑戦し続ける勇気が人を成長させる!
 だから……許して欲しい。中目黒善樹の女装姿を。一瞬「あれ、新キャラ、美少女!?」って思ったあなたも、怒らないで欲しい。そして逃げずに、この本をレジまで。ねっ、お願いします! だって彼、本当にいい奴なんですよ。2年B組編も、ついに決着!?
Read more "[富士見ファンタジア文庫]生徒会の金蘭 / 葵 せきな"
ラノベ書評 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。